kayomiの食楽日記

高知在住・2児のママのグルメ&育児日記です。

出産レポ

出産レポ3

先生の焦り具合に一気に不安になりながらも
助産師さんは冷静に対応していて、
「心配せんでも大丈夫やき」
と言ってくれたので何とか安心する。

通常の点滴に子宮収縮剤を加えての点滴開始。


そこへチグ&あっくん&チグママ登場。

あっくんが
「ママー、赤ちゃん出した?」
「がんばった?」
と声をかけてくれた。

「ママ赤ちゃん出したよー」
「がんばったよー」
と話しながらも出血の具合が気になっていた。


長かった先生の処置もやっと終わる。
結局出血は1200mlほどあったとの事がく〜(落胆した顔)
(あっくんの時は200mlやったき、なんと6倍もの量どんっ(衝撃))


原因は、陣痛が一気に早まって産まれたからだそう。


そして、
パジャマに着替え、胸の上に赤ちゃんを置いてしばらく過ごす。


その後助産師さんによる記念撮影をし、分娩室から病室へ移動。


分娩台から降りるとき、
あっくんの時はかなりフラついたのを記憶しちょったけど、
今回はフラつき無しでした。


そして病室でカンガルーケア。
赤ちゃんは早くもおちちを探しゆう様子で
顔を持っていくと勢いよく吸い始めた。

生まれてきたばかりやのに
もうこんな風におちちを探して吸うっていう事に感動ぴかぴか(新しい)

助産師さんが
「まだおちちが出てない状態であんまり吸われすぎたら乳首が切れて痛くなったりするき
ほどほどにしちょった方がいいですよ」
って言うので
吸わせるのをやめて抱っこしちょったけど、
赤ちゃんはそれでもおちちを探しゆう。

みんなそれを見て
「母親に似て食い意地がはっちゅうかもね」
やってダッシュ(走り出すさま)

あっくんは
「あかちゃん かわいいね」
「ママ、お腹ぺっちゃんこね」
とかって何度も言いながらテンション高かったので少し安心する。


チグママと母は帰り、
カンガルーケアが終わった所でチグとあっくんも家に帰る。

泊まってもらおうかとも思ったけど、
睡眠も少なくてゆっくりしたかったので
この日の晩は一人で過ごす。


23:00頃、点滴が全て終わり、初めての歩行。トイレ。

意外にもフラつきなく歩けた。
子宮の収縮具合も良いそうで一安心。

ここの産院は1日12回以上の授乳を推奨していて、
夜中も2時間おきの授乳をしなさいと言われてはいたけど
この夜はあまりにも眠すぎて授乳間隔は3~4時間ほどあいてしまった。


翌日の朝ごはんはお腹が空いていた事もあり
完食、差し入れで持ってきてもらったパンや差し入れのプリンもペロリと食べる。
チグとあっくんは午前中と午後に1回ずつ来てくれた。

その日の夜は赤ちゃん全然寝てくれなくて困った。



次の日の朝の先生の回診でその事を話すと、
2日目はだいたいこんな感じ(夜全然寝てくれない)なのだそう。

赤ちゃんは夜行性の状態で生まれてくるので、
昼起きて夜寝るというリズムがまだ整ってない為
2日目はそれが顕著にあらわれるのだとか…。


3日目、4日目とゆっくり過ごさせてもらい、
5日目いよいよ退院。
今に至りますぴかぴか(新しい)


あっくんの出産時は、陣痛が始まって丸2日、10分間隔になってから28時間。
産院内が出産ラッシュだった事もあって
ずっと放置で限界ぎりぎりまで分娩室に入れなくて大変だったけど、

今回は陣痛が始まってから約1日、10分間隔を切ってからは6時間。
産院内が空いていて余裕のあるお産だったので
トータル的に満足でした。

会陰縫合も1針で、
あっくんの時はドーナツ枕がないとイスに座れんぐらいしばらく痛かったけど
今回は全然痛みを感じず座れたので
産後元気に過ごすことが出来ていますぴかぴか(新しい)

後陣痛も確かに痛かったけど、思ったほどではなかったので
痛み止めは飲みませんでした目


赤ちゃんも
よくおちちも飲んでくれ、よく寝てくれ、
黄疸もなく、身体に異常もなく
今の所とっても元気に育っていますぴかぴか(新しい)


にしても、出血が多かって先生が焦っちゅうのを見た時は冷や冷やしたなぁふらふら
改めてお産って命がけながやなぁと思ったことでしたグッド(上向き矢印)


これからもすくすく元気に育っておくれ黒ハート
1374498_522852664461998_1296087514_n.jpg


次回からは食ネタ再開しまーすわーい(嬉しい顔)



出産レポ2

入院が決まったものの、
部屋が空いてなくて
分娩室横のフリールームで待機。
チグとあっくんが来てくれる。

その間も陣痛は10分間隔になったり15分間隔になったり…。


個室に入り、お昼ごはん。
あっくんにほとんど食べられるが
あまり食欲なく、残す。

チグとあっくんは帰る。
一人で待機。
15:00ぐらいから陣痛間隔が10分をきるが、
6分間隔、9分間隔、6分間隔、9分間隔…
というようにまばら。

痛みの強さはだんだん下へ下へと移ってきたので
テニスボールを腰の下に敷く。
敷くとだいぶ楽になる。


17:00ぐらいにあっくんとチグが見に来てくれる。

院長の内診。
子宮口は6センチ。
赤ちゃんも下がってきており、
「今日中に産まれるきね」
と言ってもらえる。


でも
この夜は院長は不在で
大学病院の先生が当直になるそう。
若干の不安はあるものの、
「今日やっと赤ちゃんに会える!」
というワクワク感でいっぱいでした。


その後、チグは実家の夕食の準備をしに家に帰り、
あっくんと2人になる。

痛くなるたびあっくんに抱きつき、痛みを逃す。
あっくんはその間、
「いたいのいたいのとんでいけー!」
って頭をよしよししてくれる。


18:00頃、夕食が運ばれる。あっくんモリモリ食べるが
私はほとんど食べれず。
18:30頃、仕事を終えた母がかけつけてくれる。


19:30頃チグが来てくれ、
あっくんを連れて夕食を食べに帰る。


その後陣痛は5分間隔に。
助産師さんの内診。
子宮口は7センチ。
赤ちゃんはだいぶ下がってきているとの事。


その後も助産師さんがこまめに見に来てくれ、
「経産婦さんは、いきみたくなってからが早いき
いきみたくなったらすぐにナースコールしてね」
「その時点でもう分娩室に入るき」
とのこと。


この時点で産気づいちゅうのは私ともう一人。
もう一人の人は初産だそうで、
まだまだ進んでないとの事。


20:00頃、陣痛の強さが強くなって
いきみたくなってくる。
3回目ぐらいの所でナースコールすると
「じゃあ分娩室に入りましょう」
となり、分娩室へ。

この時点で
陣痛時は痛いものの、元気。


母と分娩室に入り、待機。

「チグに連絡しようか」
という母だったけど、
来ても分娩室には入らないと言っていたし、あっくんもじっとはしていられないし、どれくらい長引くか分からないという事もあって断る。


あおむけになると陣痛が弱まってしまう。
横向けになると陣痛が進むとの事で横向きに。


横向きになるとすごく強い陣痛が。
確かにいきみたくなってからの進みはすごく早く感じる。


そこから
いきみ逃しすること3回。
子宮口は陣痛がくると9センチまで開くが、
10センチまでいかず。

10センチまで開かないといきめない。

陣痛も弱まったり強まったり。


「早く会いたいき出てきてー、
ママもがんばるき、一緒にがんばろう」
とお腹の赤ちゃんに声をかける。


少し不安になるものの、
助産師さんが触診しながら陣痛を促してくれた。


そして破水。


破水したことで
「もう少し!」って思って、
不安な気持ちが
「頑張って出すぞー!!」
って気持ちに変わっていく。


やっと子宮口10センチに!

陣痛がピークまで強まってきた。
助産師さんも本格的に準備を始め、
いよいよ産める、!会える!

分娩台の高さが上がり、
いよいよ産む体勢になる。

ひざから下に緑色のカバーが巻かれ
身体の上に青いシーツがしかれる。

「赤ちゃんが出てきたらこの上にのせるので受け止めてくださいね」
と助産師さん。

分娩台のサイドにつかまるものが何もなかったので
「何かつかまるものは…」
と聞いてみると
「もう力は入れんでいいがやき、スーーーっと出す事に集中してね」
と助産師さん。


1回目のいきみ。
「いいよ、いいよ、上手」
と助産師さんの声。


2回目のいきみで赤ちゃんの頭が出てきた。


3回目のいきみで赤ちゃんの身体が出てきて
身体の上に赤ちゃんが!

「やった!出てきたー!
「大きい!」
第一声はこんな感じ。

喜びを感じながらも
冷静に、性別と鼻をチェック。

「女の子やー!」

というのも、
「ほぼ女の子」
っていう診断やったき、陣痛待ちの時どっかで
「もしかしたら男の子やきなかなか出てきてくれんがかも」
って思っちょったき、これで一安心。

鼻はずっと私に似てほしいと願っちょったがやけど、
鼻を見て私に似てない事が分かり、少し残念に感じながらも(笑)
元気に生まれてきてくれた事に嬉しさ以上に安心した気持ちになった。


その後の陣痛で胎盤が出てくる。


そしてその後、先生が登場し、
お腹を押して子宮の具合をチェック(?)&会陰の縫合。

その際出血が多かったようで先生少し焦っちゅう感じ。
あまりに焦った様子やき、一気に不安になる。


続くーーーー!!!



出産レポ1

おはようございますわーい(嬉しい顔)


あっくん若干の赤ちゃん返りがありながらも、
毎日楽しく過ごしていますわーい(嬉しい顔)
1174316_518525514894713_944300297_n.jpg
1305250_522069181207013_1236573863_n.jpg



ずっと調子が悪かった実家のPCも久しぶりに調子が良いのでやっと更新できまするんるん



今回は
出産のレポートを記録がてら書きたいと思いますグッド(上向き矢印)


興味のない方はスルーでお願いしますひらめき



出産3日前の夜、10分間隔の下腹部痛が。
痛み自体は我慢できる程度だったけど、
間隔が一定だったので
2時間ぐらい経った所で産院にTEL。

一応行ってみることに。

母と2人で病院に行き、NSTと内診。

内診の結果、子宮口は2センチのままだったけど、
出血(おしるし)があることが判明。

NSTでも10分間隔の陣痛が確認できたため、
一度入院することになったものの
朝になると陣痛消滅、あえなく退院ふらふら


そこから日に日に血の混じったおりものが増えていく。


次の日、
一日ゆっくり過ごし、
夕方から
産院からすぐの所にあるチグ宅へ。
居候をはじめる。



その次の日、出産前日。
チグとあっくんと3人で散歩がてら歩いて近くのショッピングセンターへ。
ゲーセンで遊んだり、フードコートで食事したり楽しい一日を過ごす。


その夜…
0:30頃から20分間隔で下腹部痛が。

間隔は縮まらないながらも痛みの度合い的には
眠れないぐらいの痛み。

一応産院に連絡。
家から産院までの距離を伝えると
「10分間隔になったらまた連絡ください」と言われ、
待機。

途中眠くなるものの、痛みが来ると目が覚める。
間隔は、15分間隔になったと思えば20分になったり…。
痛みの度合いは少しずつ強くなっていく。胎動も下の方で感じる。
痛みは下腹部から腰にかけて。
下腹部をずーんって誰かに踏まれちゅう感じ。


何度もトイレに行きたくなる。
行く度おしるし。どんどん増える。


5:30頃、何かチョロっと出た感覚。
破水かな?と思ったけど、それ以降出ている感覚はなし。

6:00すぎ、産院から「その後どう?」といった電話があり、
痛みは強くなるものの、間隔は縮まらない事を伝える。

それにちょうどこの日は朝一で妊婦健診があるので
それも伝え、とりあえず健診を受けてみることに。


8:30健診へ。
体重測定の時に経過報告し、エコーとNstで赤ちゃんの元気さを確認。
内診の結果、子宮口3センチで少量の破水があった事が判明。
入院となる。

陣痛の間隔は相変わらずながら、
破水があった事でその日か次の日中には産まれるという事で
「いよいよ来たぞー」とテンションが上がった。


続くーーーーexclamation×2exclamation×2




出産レポ3

こんにちはわーい(嬉しい顔)



昨日はお七夜やったので、
命名表に名前を書いて
お寿司食べてプチお祝いをしましたぴかぴか(新しい)




それと、今日は友達が赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました黒ハート



今年の5月生まれのユウくんですかわいい
IMG_9063.JPG



同い年の2人やのに、アッくんと並べてみるとこんなに違いますexclamation×2
432604a2.jpg




もうちょっと大きくなったら遊んでね黒ハート





さて、出産レポ最終章でーすひらめき




陣痛が最高潮になり、思わず声も出てしまうほどに。
時間が過ぎるのがかなり遅く感じました。



いつになったら分娩室に入れるがやろうふらふら



この時になると全く余裕がありませんでした。。



しばらくして内診。


子宮口全開大exclamation
もういきみたい感MAXexclamation×2



先生の
赤ちゃんの頭が見えゆうきね
という言葉に


もうちょっとで会えるexclamation×2

と思ったら不安な気持ちが落ち着いてきましたぴかぴか(新しい)




そして、やーっと分娩室に入れる事になりましたぴかぴか(新しい)



痛いのはMAXやったけど、
心は落ち着きを取り戻していましたグッド(上向き矢印)



この時分娩室に入れると聞いてから1時間ぐらい経っていましたふらふら



この病院は家族の立会いを推薦している所なんですが、
チグは最後まで分娩室に入るのを嫌がり、
結局マミーとチグママに立ち会ってもらう事に。


2人が両脇に立って手を握ってくれましたぴかぴか(新しい)




3回目の陣痛で赤ちゃんがスルッて出てきたーexclamation×2



手のひらの上に赤ちゃんをのせてもらってご対面ぴかぴか(新しい)



チョー感動ぴかぴか(新しい)


赤ちゃん小さいexclamation×2
カワイイexclamation×2



産んですぐチグも分娩室に入ってきてくれ、感動のご対面ぴかぴか(新しい)



10分間隔の陣痛開始から28時間17分かかりましたが、

分娩室に入ってからは約12分の出産でしたグッド(上向き矢印)



IMG_8410.JPG

生まれてきてくれてありがとうぴかぴか(新しい) 




余談ですが、
この日にこの病院で産まれた赤ちゃんはアッくんを含めて
なんと7人exclamation×2


助産師さんも先生も大忙しの1日やったと思いますダッシュ(走り出すさま)



とにかく無事に産まれてきてくれた事に感謝ですぴかぴか(新しい)




明日からはまた食ネタ載せていきまーすレストラン




そして、これからは食ネタと共にアッくんの成長も載せていきたいと思いますので、
楽しんでブログを見ていただけると嬉しいでするんるん


これからもkayomiの食楽日記をよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)



良ければぽちりとお願いしまするんるん高知人気ブログランキング





出産レポ2

こんにちはわーい(嬉しい顔)



アッくんはお風呂に入りながらウ○チをしてしまいましたふらふら


お風呂は中断してしまったけど、本人は気持ちよさげ黒ハート
101130_113549.jpg



今はすやすや寝ています眠い(睡眠)



さてさて、昨日の続きですひらめき



入院
が決定した私。
この日は私を含め同時に3人入院でした。


そのため部屋の準備ができてなくて、
一時大部屋で待機することに。



12:00前、お昼ごはんが運ばれてきて、
食欲があまりないながらも体力をつけるためにほとんど全部食べました。


今考えるとこの時はまだよくしゃべりよったし、元気やったかもグッド(上向き矢印)



陣痛は変わらず10分間隔のままでした。



そうこうしよったら部屋の準備ができて個室に移動ぴかぴか(新しい)



チグのママが来てくれて、うちのマミーと交代し、マミーは一旦帰宅車(セダン)


夕方マミーが戻ってきて、
18時半ごろ内診があったが、子宮口6cmのままで変わらず…もうやだ〜(悲しい顔)


チグママが先生と知り合いなので、詳しい状態を聞きに行ってくれたがやけど、

同じ6cmでも、膜は確実に薄くなっちゅうので、
お産はちゃんと進みゆうき大丈夫とのことひらめき


チグママが帰り、相変わらず縮まらない陣痛との戦いは継続。


20:30すぎ、コンコンとノックの音が。


看護師さんかと思いきや、入ってきたのは
東京にいるはずのチグexclamation×2


帰ってくるなんて全く知らんかったので
私もマミーもすんごく驚きましたexclamation×2


ビックリしたけど、心配してかけつけてくれた事がすごく嬉しかったです。



チグが来てから、陣痛進めるために廊下に連れ出してくれて歩いたりしてみる。



そのおかげか、少しずつ陣痛の間隔が7分、6分、5分と短くはなってきました。

ベイビーの胎動は普通にあり、しゃっくりまでしていました。



時間は過ぎていき、とうとう22日は終わってしまいました。



次の日
0:00ごろ内診の結果子宮口8cmまでいったが、
赤ちゃんが下がってきていないのでまだ時間がかかるとの事。


眠いし痛いし、いつになったら産めるのか不安でいっぱいになりました。


腰のくだけるような痛みは
だんだんと
下から何かが出てきそうなイヤーな痛みに。


いきみたいけど、それを我慢するのが相当きつい。


テニスボールをあててガマン。


そうこうしていると破水どんっ(衝撃)


内診してもらうと子宮口9cm。
赤ちゃんはまだ下がってない。


分娩室には子宮口10cmにならないと入れないとの事。


しかも前の日は満月&大潮だった影響か、
この夜に8人の妊婦さんが産気づいちょって
分娩室も順番待ちがく〜(落胆した顔)





しばらくして
やっと分娩室に入れるってなっちょったがやけど、
お産の進み具合の早かった経産婦の人が先に入る事にダッシュ(走り出すさま)



ぎゃーーどんっ(衝撃)
あとどれくらい待てばいいがーーexclamation×2




次回へ続く…
IMG_9000.JPG




良ければぽちりとお願いしますわーい(嬉しい顔)高知人気ブログランキング






アーカイブ
Amazonライブリンク
カテゴリー
オイシックス
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC