夜暑かったのに、
3時過ぎからちと寒い…。


あっくんが寝苦しそうに
声を出したり寝返りしたりするので、
ハラハラして全く寝れず。


入院してから
全然熟睡できていないので、
顎まわりに
ポツポツとニキビが



さて前回の続きです。



3/28(月)
起床時、熱は37.2度。

朝一で病院に連れていく事は決めちょったものの、
どの病院にするかで悩む。


あっくんは病院に連れていきたいけども、
健康なるーちゃんまで連れていくのには抵抗が…。



実家にるーちゃんを預けて、
実家近くの
最初に行った小児科に行こうか…。


るーちゃんを連れて、
自宅近くの総合病院に行こうか…。


悩んだけど、
早く診てもらいたかったので
自宅近くの総合病院へ。


朝一で行ったので
すぐに診察してもらえました。


診察の結果、
先生は
「喉はちょっと赤い程度やけど、首がかなり腫れていますね。」

「おそらくですが、喉の奥のこちらからは見えない所に膿ができているのかもしれません。」

「まずは炎症反応や白血球の状態を見たいので、血液検査をしましょう」


血液検査。


あっくん、珍しく泣かず。


結果が分かるまでに3~40分ほどかかるそうで、
それまで待機。


その間、
あっくんは椅子でじっと座り、
るーちゃんはキッズスペースで
楽しそうに遊んでいました。


結果が判明。


炎症反応は
すごく強いわけでもないが、
確かに出ている。


白血球の値も高い。


その後、CTをとるため、
CTの部屋へ。


撮影。


結果待ち。


CTの結果、
やはり喉の奥の内側に膿ができているとのこと。


「喉のことなので、専門は耳鼻科になります。なので、一応耳鼻科の先生にも診てもらって見解を聞いた上で最終的に診断します。」

「病名は、咽後膿瘍で間違いないと思います。」
と先生。


私「い、いんごのうよう??」


初めて聞く病名に驚いた。


先生は
「簡単に言うと、喉の奥の内側に膿ができている病気で、治療は抗生剤を投与し続けることになります。ですので、入院は確実ですね。」


私「治るんですよね?」


先生
「治ります。ちょっと前にも同じ症状で入院になったお子さんがいて、もっと酷い状態でしたけど、ちゃんと治りましたから。」
と笑顔。


その笑顔を見て私も安心する。



それから、耳鼻科の待ち合いへ。



かなりの数の患者さんがおり、
相当な待ち時間のよう。


あっくん、首をしんどそうにしながらも
「ボク、にゅういんするの?」
何だか嬉しそう。


私「そうよ。入院してしっかり治してもらおうね」


あっくん「にゅういんするー」


入院と決まれば、
やることは盛りだくさん。


まずは実家に電話して、
あっくんの状態を説明し、
とりあえずるーちゃんを預かってほしい、
こちらまで迎えに来てほしいことを伝える。


それから友達に連絡。


この一週間、
毎日友達と子連れで遊ぶ予定をいれていたので、
全てキャンセル。


30分ほどして、
父がるーちゃんを迎えに来た。


父「るーちゃんの服とかおもちゃとか、持っていかないかん物があったら持っていくき、今のうちに家に取りに行ったら?」

というので、
まだまだ待ち時間も長そうやし
自宅へ荷物を取りに帰る。


るーちゃんの服、おもちゃ。


私も家に帰る時間がないかもしれんき、
あっくんの寝間着、タオル、ゲーム類、お菓子。


とりあえずつめこんで、
コンビニで
子供たち用のお昼を買って
病院へ戻る。


戻ると、案の定まだ呼ばれてない。


父とるーちゃんは実家へ。


るーちゃんは
普段預けられ慣れているためか、
嬉しそうに
おじいと手を繋いで出口の方へ歩いていった。


あっくん、やっと呼ばれ
診察台へ。


軽く病状を説明した後、診察。


鼻からカメラをつっこんで、
喉の中を見るというので
私もあっくんの手を握って見守りました。


痛いと思うけど、
あっくんは泣きもせずに
じっと耐えていました。


耳鼻科の先生は
「リンパが何ヵ所も腫れていますね。膿もありますが、凄く酷いというわけではないので、そんなに心配はいらないと思います。」


それを聞いてまたちょっとだけ安心しました😃


それからまた小児科へ。


10分ほど待って呼ばれ、病名確定。
と共に、入院決定。



次回はその後の手続き関係について
書きます。



人気ブログランキングに参加しています(^^)
1日1クリックのご協力をよろしくお願いいたします☆
↓↓↓↓↓

高知県 ブログランキングへ