こんにちは~


朝からハイテンションだったあっくん。


今やっと寝ました



今回の記事では、
あっくんの病名が確定するまでを書きたいと思います。



まずは、3月24日(木)。


起きてくるなり、
「いてて、首をねちがえた」
と言っていたあっくん。


それ以外に何も症状はなく、
元気いっぱいな一日でした。



3/25(金)
しゅうしゅう家族が高知に来ることになっていた日なので、
朝から実家入り。

「まだねちがえた所がいたい。」
と言っていたあっくん。

「寝違えたのは2、3日たてば治るき大丈夫」
と私。
この時にもっと真剣に聞いてあげていれば良かった、と後から後悔することになります。


私が買い物へ出掛けて帰ってくると、
あっくんの発熱を知ります。

布団で横になっているあっくん。


熱は38.5度。
「またインフルかも!?」
と思って
すぐに病院へ。


評判の小児科へ連れていきました。


診察。
熱以外の症状を聞かれ、
私はこの時
「熱以外は何も症状はないです」
と言ってしまった


先生は、
「胸の音もいいし、喉もちょっと赤い程度やね。」
「インフルBを発症済ってことやったら、インフルエンザではないでしょう。他に症状もないみたいやし、普通の熱風邪でしょう。抗生剤を出しておきます」
という診断。


そして帰宅。


帰宅するとしゅうしゅうが来ていて
あっくんは途端に元気になり、
お昼もぺろりと食べてしゅうしゅうと遊んでいました。


熱も37度前半まで下がり、
「しゅうしゅうと会えるのが嬉しすぎて熱出たがかもね~」
なんて呑気に話しながら
もう良くなっていくと思っていました。



3月26日(土)
午前中に用事があり、
私はるーちゃんを連れて自宅へ。


あっくんはそのまま実家にしゅうしゅうと泊まる予定をしていました。

夕方、実家から電話。

あっくんの熱がまた38度後半まで上がったそう。


迎えに行く。


首が痛いと言うので、
インフル特有の筋肉痛みたいな感じかな?
やはりインフルエンザかも!?

と思い、
土曜の夜も開いている病院を探しました。


電話をすると、
高知市内で3ヵ所あり
3ヵ所のうち
自宅から一番近い病院を選び、
予約を入れてもらいました。


病院へ到着。


インフル検査、AB共に陰性。


ここではやっと
首を痛がっていることを伝えたけど、
先生は
「熱が出たらリンパが腫れて首も痛くなるわ」
と一言。
薬も、前日に処方された小児科の薬で十分対応できるとのことで
終了。


帰宅して夕食。
あまり食べず、あっくん就寝。
熱は38度前半。



3/27(日)
首の痛みがさらに強くなっているそうで、
上も下も横も向けない状態。

熱は37度台前半。


るーちゃんと楽しそうに遊ぶ場面もあり、元気は元気。


でも、
顔の下部分が
外から見ても何だか腫れているよう。


チグと2人で
「おたふくかもしれんね」
と、
今度はおたふく風邪を疑う。


おたふくは、
一応2年半前に予防接種は済ませていたけど、
ネットで見ると
1回の予防接種では完全ではないそうで
可能性としてはあり得る。


私は日曜の時間外での小児科を受診しようとしたけど、
チグは
そんなに緊急性もないだろうし、明日でもかまんろう
と言うので、
病院受診は翌日の月曜に持ち越されました。



長くなったのでまた次回に。



人気ブログランキングに参加しています(^^)
1日1クリックのご協力をよろしくお願いいたします☆
↓↓↓↓↓

高知県 ブログランキングへ